BLOG

下井草コウ接骨院の設備と販売物

2018/12/19

みなさん、おはこんばんにちは!

今回は当院の設備と販売物について紹介させていただきます

 

治療に関して徒手療法がメインとなりますが、補助的に電気治療も行っています

 

 

一つが干渉波治療器

バラエティー番組の罰ゲームでたびたび使われている電気ビリビリ【低周波治療器】の一種で、低周波を複数の電極からあてることで患部に干渉させ、より筋肉へ刺激を与えることができます

といってもテレビで見るような強い刺激で悶絶させるようなものではなく電気信号で筋肉を無意識に動かすことで筋肉のポンプ作用で血流を良くして、かつ電流の作用が神経系に働き痛みの閾値を上げる【痛みを感じしにくくさせる】効果があります

接骨院からたびたび叫び声が聞こえてきたら怖いですものね(笑)

 

もう一つが空気圧式マッサージ器

脚全体をカバーで覆って足先から空気を送って圧をかけることで、特に静脈系の流れを促進させます

当院が開院する前に自分で試してみましたが血がどばーって流れていくのが実感できるぐらいですので一押しです!

静脈の流れがよくなることで分岐するリンパの流れもよくなり、むくみの除去にも効果があります

 

二つの治療器ですが使ってはいけない疾患もありますので気になる方は私に相談していただければ幸いです

どちらも治療の一環で行います

保険施術の料金の範囲内で行いますので安心してご利用ください

 

 

次に販売物

当院は【接骨院】ですので治療後のアフターフォローはもちろん、予防医療も大事したいと思っています

受傷後の炎症を抑えるための湿布【クーリンプラス】:医薬品ではありませんが刺激が少ないため、かぶれの心配が少ないです

各種サポーター:受傷したところを保護しないとまた痛める可能性が非常に高くなります。包帯固定だと患者様ご自身で巻き直すことが大変ですのでセルフケアとしてサポーターをお勧めしています。当院にないものも注文できますので是非ご相談ください

セラバンド:受傷したところを保護すると、どうしても筋力が低下します。日常生活に戻る過程で必要な筋力を上げるためにゴムでできたバンドで徐々に鍛えることで無理な負荷による再受傷を未然に防ぎます

薬用ホットタブ重炭酸湯:これは自分が一押しの商品ですので長話させていただきますね(笑)

体が冷えると血流が悪くなり痛みを感じやすくなります。また筋肉が固まりやすくなりますので痛める可能性が高くなります。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、よくスパなどで炭酸泉を設置しているところがあります。入ると通常の湯舟よりもぬるいと思われますがこれが大事なんです。

【低い温度で長い時間湯につかる】

これが血流促進に一番効果があるといわれています

現にドイツでは医療の一環として炭酸泉に入浴療法が存在します

ぬるいと湯冷めしそうと思いますがそこで大事なので炭酸

よく売られている入浴剤はブクブクと泡【炭酸】が出てきますが、これは湯に十分に炭酸が溶け込んでいないのです

炭酸には血管内にに浸透することで血管を広げる効果がありますが炭酸ガスでは浸透しない為、薬用ホットタブでは浸透する重炭酸イオンが使われています

タブレット状になっていますが、お湯の中に入れると泡が非常に細かく、空気中に出てきてもシュワシュワしません。溶け込んでる証拠ですね

使ったら是非湯舟に15分以上、首まで浸かってください

まったく湯冷めせずにポッカポカになります!

僕はこれで冷え性が全くなくなりました

ご高齢の方は長く入っていると危険じゃないかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが湯温が低ければ急な血圧の上下も防ぐことができますのでご安心して入浴してください

まだまだ熱く語りたいところですが、気になる方は当院に来てください!

 

次回は季節的に多くなりがちな腰痛についてご案内させていただきます